忍者ブログ

月夜の言葉遊び

心霊ライター、立花月夜の言葉遊び。  
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 小学校のとき読んでいた本の数は一ヶ月110冊とか平気でした。子供の頃から菊池秀行氏[母が大好き]や、夢枕獏氏[母が好き]のそうそうたる作家さんたちの本を読んでいました。・・・あと、テレビは大体怪奇物。でも某探検隊は嫌いでした。あとは水木しげる氏の妖怪物を集めてたなあ。かなりかたよってますとも。ええ。
PR

 戦争反対。誰でも言う言葉です。でも戦争があって色々な人体実験が行なわれたから、今の医学の進歩があったりするわけです。(役に立たない化学実験もたくさんあったけどね)
 客観的にみて時代はいつも戦いと平和のミルフィーユです。この瞬間もどこかの国では戦争で人間が死んでいる。
 僕は戦争は必要悪だと思っています。巻き込まれる『罪もない民衆』には迷惑な話ですが、戦争は全てを破壊しそして再生させる。
 人の価値観も正義も愛も悲しみも憎しみも生活も全てぶち壊して、新しい物を作り出す。
 或る雑誌で「今の若い人は全てを壊してくれる戦争を待っている」というような記事がありましたが、僕も概ね賛成です。
 平和は人を腐らせる。その腐敗した物から戦争が生まれる。そして全部を焼き尽くして、平和のありがたさを身に染みてわからせてまた平和がやってくる。
 戦争が悪いことは誰だって知っています。でもこの世に存在するものには何か意味があるはず。と考えてみれば、戦争というのは死であり、再生への道筋なのではないでしょうか。
 今の日本は平和の飽和状態だと僕は思っています。将来への不安、国への絶望などが平和の中に淀んで、命の価値を見失っている人が多い。
 生きている実感が無いから、他人を殺せる。殴られたり斬られた痛さを知らないから、他人を傷つけられる。
 光だけでは光の価値はわからない。闇だけでは闇の価値はわからない。戦い傷つけ傷つけられ、死と隣り合わせだからこそ手に入るものもあるのではないでしょうか。
 といえど、今は空から一方的に他国を攻撃したり、一方的なのが多い。あれは賛成しない。銃と銃、ナイフとナイフ、相手を傷つける代償に自分も死ぬかもしれない。命のやり取りこそが大切だと思います。一方的なのは戦争じゃない。ただの虐殺。
 戦争には意味があると思いますが、虐殺はただのエゴではないのでしょうか。僕はそう考えています。

公募ガイドという雑誌で公募を探して片っ端から文芸系の公募に応募してみようと思い、応募しています。今のところ詩や一行詩なんかですが長編小説にも取り掛かったところ。・・・裏社会と心霊を組み合わせた作品ですがどうなっていくかは不明。
 再三言っていますが文章を職業にする気もなく、やりたい放題してきたツケが今・・・。嗚呼。思いあがっていた自分が井の中の蛙だったことを思い知るぅぅぅぅ。それだけでも成長したかな?←前向き。
 山口さんに色々指摘してもらってすっきりしました。やっぱりプロはすごいなあ。
 僕的には理屈よりとにかく、書くことしか頭にありません。何も賞が取れないのなら才能は無いんだろうし、それはそれで仕方がない。書くしか出来ないから。まあ才能が無くてライターを辞めたとしても、書き続けますけどね。これでしか自己表現ができないので。
 立花事務所を設立するぐらいに。と言っていただきましたが無理~。絶対無理。今の事務所大好きだし、今の事務所の売れっ子の一人になりたいなあと思っています。山口さんや編集の皆さんに
「見違えた」
と言ってもらうのが当面の目標。何でもこなせるライターにならなけりゃ、これからは生き残っていけないのは僕自身も感じていることです。
 中学校から書き始めて18年。再来年で20周年です。今はちょっとでも賞金を勝ち取って、資料本を増やすのが夢。悪魔の辞典(そのまんま。物事をヒネた解釈をした悪魔の辞典ではなく、普通の悪魔の辞典)を売っている本屋さんを見つけたので、最購入したい。子供に落書きされ、妹に破られたから。
 コアな資料本が売っている東京。万歳。
 昔、文芸社から頂いた批評で(詩篇を送った)
「悪魔のような口調は同じ考えを持つ人の心を惹きつける可能性がありますが、文章が洗練されていません」
と頂いたことがあります。・・・嗚呼。納得。
 もちろん詩にも挑戦したいと思っていますが、とにかく色んな物に挑戦します。書きまくります。
 雑誌の定期購読のサイトを利用して、せっかく公募ガイドを定期購読しているんだから活用しなければ^^今まで努力もせず、人生をわたってきたんだから、少しぐらいここらで努力してみましょう。
 花咲かずとも何かは残るはず。
↓お薦めの雑誌定期購読が出来るサイト。ちなみに僕は残酷なグリム童話も定期購読中。あと、ビジネス雑誌とかも・・・。まとめてこのサイトにしているので便利です。
ライターや作家になりたい人はもちろん、アートの公募やクイズ、モニター応募と情報充実 画材もついたマンガ初心者から中級者までお薦めの雑誌!


 うちの伴侶は出張が多いのです。まあそういう仕事に戻りたいといって転職したので当たり前なのですが、本人は楽しそうで何より。でも困るのは出張のたびに飲みに行ったり、パチンコに行ったりする事。
・・・今渡している小遣いでもつらいのが本音なのに、追加しろといわれると困る。大体入ったばかりの新人が、先輩と同じようにのみにいったりするのは無理。また夫婦喧嘩。
 よく夫婦でけんかします。・・・よさこい号(東京から高知への高速バス)で帰ってやる。いつでも帰ってやる。
 夫婦喧嘩する夫婦は長生きすると言う記事を読みました。
 ただし・・・ケンカ→仲直り→ケンカ→仲直りできるケンカですよ。本当に離婚しちゃったら洒落になりません。
まあ不満をためられない性格の僕ですので、すぐ切れるんです^^。こまめに切れておくと大きいケンカにならない??
 

 今日スモーキークォーツのペンダントを買ってきました。個人的にはオニキスやヘマタイトが好きなのですが、目を引いたのがスモーキークォーツだったんです。

 ちょっと前なのですが、夢にしてはリアルだった夢をひとつ。
 僕はホストクラブで働いていました。なぜか伴侶も。んで、初日だったんだけど、女の子と盛り上がったり抱き合ったり色々楽しかったのですが、怒られたりもしました。
 んで、怒られててもそれが悲しくないんですよね。すんなり自分の中に入ってくる。講義を受けているみたい。自分の仕事が楽しくて仕方がないのです。まるで水から離れた後、水に戻れてホッとしている魚のように。
 起きてから・・・本当に自分の今の人生が切なくなりました。男か女か。二つに一つの賭けに負けた僕。まあ伴侶も女性だったほうがよかったタイプなのですが。
 でもね・・・僕が男だったら、絶対にロクでもなかったと思うんです。女を食い物にすることに良心の呵責も無く(ホスト向き)、家庭を持ったとしても浮気ばかりして決して家庭を省みなかったと思う。
 極道としていきていたら僕は幹部だったと太鼓判を押されましたが(・・・色んな極道の知り合いに^^)、24時間極道であるという人生に疲れて早死にしただろうし^^・・・まあ死はそんなに怖くないんですけどね。
 そういう人生もいいとは思うけど、いやむしろそういう生き方こそ僕らしい生き方だったと思うけど、女に生まれましたし、今はそういう世界とも無縁。そういう生き方を望む反面、物凄く繊細な部分もありますしねー。
 ・・・ま。高知というところに生まれていなければ、オヤマバーで働いてたかも。・・・それはちょっと違うかな。自分的に。
 まあ夢の中の僕は幸せでした。・・・根っから女になれないんだなあ。僕って。
 

 吸血鬼ってみんな好きだよねー。・・・まあ僕だって『吸血鬼』を名乗る一人(いや。悪魔とも言われてるけど)どうして僕は吸血鬼なのか?って?簡単なことです。まあ正しくは吸気鬼・またはサキュバス・インキュバスに近いと思われるんだけど、他人の生気を吸い取るから。・・・それで悲しい目に逢ったこともあるんですよ。また書きますけど。吸い取られるほうは気が遠くなりつつ、フワフワして気持ちがいいそうです。・・・そうなの?
 まあそんな人ではない特殊な習性を持つ立花なのですが、別に吸血鬼がカッコイイとは思いません。むしろ悲しい生き物だと思います。
 人にも戻れず、魔族でもなく(まあ人間からみりゃ魔物ですけど、純血じゃない)、変わることも出来ない。あなた。年をとることがイヤですか?それは時の祝福なのですよ。変わらず、不死の存在である者が祝福されていると思ったら大間違い。まー。美形が多いイメージがあるので、憧れるのかもしれませんけどね。人間(じゃないけど)の心理として醜い者に血を分けたくないのは当たり前ですから。はいー。
 淀んだ水は必ず腐る。不死の者も心は腐って淀んでいく。そして最後に待つのは必ずといっていいほど、自殺的な死。命も時間も老いも若さも変わり行くから、種族は繁栄と衰退を繰り返す。そして世界は生きられるんです。・・・大体みんなが吸血鬼になったら、誰の血を吸うんですか。化学合成とかしそうだけれど^^
 まあ人間が思うほどには、魔物たちは人間に興味がありません。だってあなたは、今日食べる牛や豚や鳥や魚たちの人生や環境を考えたりしますか?しないでしょ?
・・・そういうこと。まー。ペットを愛でるぐらいには情がわくこともありますけどね。・・・
 いかん。今は僕も人間だったな^^フフフ。

 ・・・こんな醜い肉体に封じやがって。殺してやる。消滅させてやるぅ(憎)
それと一言言いたいのは「魔法」は習う物じゃなくて、「使えると知っている物」なんですよね。・・・だってー。あなたは息をすることを誰かに習いました?そういうことなんです。はい。
・・・わけわからない記事になったなー。まあいいかっ。んー。気にしないっ。
「前世は光の戦士だった」とか言う人種じゃないので、引かないでください。笑。
 

 僕ら夫婦も早い物で同棲して9年目に突入です。

 思えば9年前の今日、僕らは同棲を始めました。メール恋愛でお互いの顔も見ない間に同棲を決めた僕ら。・・・今思えばまあよく決断したよなあ。当時僕には彼氏がいたし、男友達もたくさんいた。

 もう個人的には関係ないのですが、僕が前に住んでいたマンション。最悪なことになっています。理事会が横領しているのです。んで反対する人にはお金をばら撒いて口封じ。それでも黙らない人は虐め。
 僕の友達がいるのですが、なんか自治会を勝手にやめさせられているのに、自治会費は取り続けるんです。自治会費も勝手に取り始めたことで、管理会社も住民の承諾無く勝手に変更して、管理会社と一緒に修繕費や自治会費を使い込んでいるんです。

 批判は相手のことを考えないで、感情だけで相手をけなすこと。意見とは相手のことを考えるがゆえに出てくる言葉。だと僕は思うのですが、皆さんはどう思いますか。
 どこぞの投稿を読んでいると他人を批判したり、相手の意見を根っから否定する人たちがいるけど・・・。貧しい精神状態だな。と思ったりする。
 自分が正しいと思うことをみんなが押し付けあってたら、絶対に世の中うまく行かないと思うのです。相手の意見を認めつつ、自分の意見も取り入れてもらう。または自分の意見を説明して相手に納得してもらう。
 できるサラリーマンやできる営業さんにとっては当たり前のことなんだけど、これってネットの中では出来ていない人が多い。精神状態がお子様なのか、相手の言葉に過剰に反応したり・・・。いやいや。おちつこうよ。と思うことも多々。まあ「できる人間」はそんな人を相手にしないと思うんですけどね。
 ネットを散策する時間が長いので、いろいろな人やいろいろな意見を見ますが・・・。この人たちは実生活どんな生活してるんだろう。と思うことがあります。まあ実生活でストレスが多いから、ネットで発散してるのかもしれないけど。
 相手に意見するときはマナーが必要。マナーがない批判はどんなに正しい意見であっても暴力だと思うのです。

メインサイト


物の怪のつぶやき
心霊ライター立花月夜の体験したオチの無い本当の心霊体験

怪奇体験投稿募集中

相互リンク募集中

ブログ内検索

プロフィール

HN:
立花月夜
年齢:
40
性別:
非公開
誕生日:
1977/03/23
職業:
心霊ライター
趣味:
車・バイク・ビリヤード・ネット

アクセス解析

にゃんこ里親

欲しい物検索


雑誌定期購読ならここ
送料無料多数!

楽天で探す
楽天市場
万年プラチナ会員の僕。
今のところ問題なし。

ほしいものはここで大抵そろう。
コアなあの本もここでGET!
忍者ブログ [PR]
Copyright(c) 立花月夜. All rights reserved.
Powered by 忍者blog
Template Designed by miu_uim